数珠とバッグ

遺品整理の流れを知っておこう|貴重品や分別

目的に応じたプラン

数珠

中原区で葬儀を行なう際には、故人の思想や考えを尊重して自由にプランを立てることができます。式の最中は基本的に静かな音楽が流れているのですが、故人の好きなポップソングを流すことも可能です。また、葬儀で使う花も白を中心に用意されますが、故人が生前に好んだ花に変えることもでます。薔薇やカサブランカなど派手は花でも使えます。遺影に使う写真も鮮やかなタイプが増えました。中原区で葬儀を行なう時は、できるだけ故人の好みを採用して行なうことが多くなっています。

中原区で葬儀を行なう時は、目的に合わせてプランを選ぶことができます。何十人、何百人と参列する式ではなく、参列者皆が知り合いで、家族、友人といった限られた人数のみの行なうこともできます。家族葬を選ぶ人も近年増加傾向にあります。中原区で家族葬を選ぶ人が増えている要因の1つは、予算です。通常の葬儀であれば、式場の確保やセッティングなど、様々な経費が掛かってしまいます。百万円単位で料金が発生することも珍しくありません。しかし、中原区で家族葬を行なえば低価格で葬儀が行なえます。プランにもよりますが、50人利用の式場で、基本セット込みの価格が30万円前後となっています。基本セットの中には、儀に必要な道具が揃っています。葬祭壇や供物菓子、式場使用料その他全て含まれているので、自分達で用意する物は、故人が生前使用していた思い出の品ぐらいです。

通夜や初七日の際に、参列者をもてなす為に食事や飲み物を提供する必要もあります。近所と交流のある地域なら、食事を持ち寄り用意することもありますが、その様な用意ができない場合もあります。そんな時は、専門会社に相談して飲食のサービスプランも一緒に申し込んでおきましょう。注文する時の目安としては、参加者の7割り程度の数で用意すれば、無駄に余るということもなくなります。