葬儀

遺品整理の流れを知っておこう|貴重品や分別

不要品も仕分けてくれる

合掌

以前なら故人の亡き後、残された身内や近親者が西宮で遺品整理を行なっていました。しかし、悲しみが癒えない間に作業をすることは、心理的な負担も大きく中々進みません。さらに衣類や生活用品など、数多くの品を分別する作業にはかなりの時間が掛かってしまいます。効率的に遺品整理をする為には、専門会社に依頼する方が良いでしょう。

西宮の専門会社なら、短期間で遺品整理を行なってくれます。経験豊富な専門スタッフが対応してくれるので、必要品と不要品の分別もあっという間に行なってくれます。必要品は、あらかじめリスト化しておけば、捨てられることもないので安心して依頼できます。依頼主立ち会いの元、作業を進めていくこともできますし、完全に任せることもできます。不要品と必要品が混ざらない様に、ラベルを貼って箱詰めして分別します。故人が愛用していた品に人形や写真があった場合、不要であればしっかりと供養することもできます。仕分け作業を行なう際に、不要品でもまだ使える家具や家電が出てくることもあります。その様な時は、専門会社に依頼して買い取ってもらうこともできます。使用状態や物によっては高値が付くこともあります。買い取ってもらえば、葬儀費用の支払いにあてることもできますし、遺品整理の費用にあてることもできます。整理に掛かる時間や作業費は、依頼される家や部屋の大きさによって異なります。すぐに依頼するよりも、事前に見積りを出してもらった方が安心でしょう。

清掃からゴミの分別まで

ダンボール

故人の住んでいた家や部屋の遺品整理を行なう時は、家族や身内で行なうと中々進まないこともあるでしょう。そんな時は専門会社に依頼すると良いでしょう。家財道具から生活用品まで全て分別してくれます。

詳細を確認する

生活スペースに合った仏具

男性

通販サイトを利用して、仏壇や仏具を揃えることができる時代になってきました。豊富な種類が揃っているので、値段や素材から選ぶことも可能ですし、高さや奥行き、高さから選ぶことができます。

詳細を確認する

目的に応じたプラン

数珠

中原区で葬儀を行なう時は、目的に合わせてプランを選ぶことができます。家族や親しい身内だけで行なう家族葬や、会社が施主となって行なう式もあります。また宗派にとらわれない自由な式も行なえます。

詳細を確認する